【アロマ】お産のお守り~壮絶な1人目お産と、笑顔ありの2人目お産

乳腺炎(ハーブティー)について、長く書きすぎて疲れました(笑)誰かに当時の苦しみを語りたかったのでしょう。許してください。これからは、もっとサクッとまとめていけるように頑張ります!

今日は、お産の時に大活躍してくれたアロマ、その名も「バースサポート」について紹介したいと思います。
こちらも、乳腺炎対策や卒乳時に私が効果があったと感じたAMOMA(アモーア)さんの商品です。

「バースサポート」について、私は1人目のお産の時には知らなかったので、2人目の時に使いました。お産をスムーズにすすめる効果が期待できる精油で出来ているらしいです。なので、正産期からしか使ってはダメなアロマオイルになります。(産後の体の戻りをサポートする成分も配合されているため、産後は引き続き使用することができるそうです⭐)

1人目のお産は知らないことが多くてそれはそれで不安ですが、2人目以降は、お産の痛さを知っているのでどうにか対策できないかと考えますよね。

私の1人目のお産は、所要時間5時間の安産でした✨
でも、結果オーライだっただけで、いろいろと危なかったように思います。
と、いうのも、私がお産する日?時間帯?は助産師不足だったのか、腰をさするなど付き添ってサポートしくれる助産師さんもいなければ、ナースコールを押してもなかなか来てもらえない状態でした。(でも、当時はこんなものかなとそこまで気にしていない)

陣痛室に入って割とすぐに、ものすごい波打つ陣痛と、そのたびにお尻の穴が服やベッドや床を突き破って地下にまで飛んでいくのではないかと思うような痛みと戦いが始まりました。
そして、もうあそこが崩壊するような激痛が!!!思わずナースコールを3回ほど連打しました。そしてやっと来てくれた助産師さんに無茶苦茶痛いと伝えると「そうですよね。でも初産だし16時間くらいかかると思うよー」と言われました。

「へぇー。そうか。これよりももっともっと痛いことが何時間も続くのか。ならもう無になろう!」そう思ってそれからは、意味が分からないほどの痛みと静かな戦いを始めました。
と、いうか、痛みに腹が立ってきて、切れてましたw

陣痛の波が来るたびに、私は「ちっ、クソ」「ちっ、クソが!」と小声て言ってしまっていました。一応言っておきますが、普段は、こんな言葉使いしませんよ!!
人格を変えてしまうほど、お産とは大変な苦しみなのだということです笑

旦那は付き添ってくれていたのですが、この私の変わりようが衝撃だったようで、お産後速攻家に帰って、家族や友人の前で当時の私の様子をリプレイしていました。

旦那の手を握って「ん~~」と息むシーンを想像していた旦那からしたら、差し伸べた手は払いのけられ、代わりにお尻の穴を押えさせられる。おしとやかだと思っていた嫁が舌打ちしまくっている。それはそれは、衝撃だったようです笑

で、ですね。話戻ります!

実は、何かが崩壊するような痛さを感じた時、実はもう胎児の頭が出てきたんです!!
お医者さんが「どうですか~?」と様子をみにきてくれたときに、一瞬で表情が変わり、私は、ベッドから分娩台に担がれて乗り、「息んで」と言われた一回の息みで赤ちゃんが出てきてくれました。

雰囲気的には、スーパー安産ですが、、

担当の助産師さん陰でそのお医者さんに怒られているし、

ちょっとこれって逆にめーーちゃ危なかったんじゃないの??

てか、私痛みの向こう側まで行ってたんじゃないの???と。

もっと早くに痛みから解放されてたはずじゃないの??と。

まぁ、当時は、母子ともに健康でしたし、産後はそれどころではなかったので、スルーしましたが、2人目は違う病院で産もうと思いました。